西双版納 桂林観光・桂林旅行専用サイト

桂林江山国際旅行社は中国国際旅行社正会員で、その主な業務内容は海外よりお越しのお客様の桂林観光サービス及び中国国内全域での観光におけるサービスを取り扱っております。

西双版納

面積約2万平方キロ、人口84万人、首府はチェンフン(景洪)。古来より少数民族タイ・ルー族が住居し、象が生息、上座部仏教が盛んなど東南アジア的な光景が広がるため、近年観光地として発展。

南はラオス、ミャンマーと966キロに及ぶ国境線を接し、上流ではザチュ(雑曲)河、地元では瀾滄江(百万の象を意味するランサーンに由来する)と呼ばれるメコン川が南流し、メコン水運でラオスやタイと繋がる。

古代の哀牢の地で、南詔は茫乃(ムアン・ナイ)道を設置した。シップソーンパンナー(西双版納)の建国は、1180年、パヤー・スンカムンがムアン・チエンフン(景洪)で王を称したこと始まる。13世紀にモンゴル帝国の侵攻がありこれに帰順した。明朝の勃興と共に1382年には明に服属。16世紀にタウングー王朝が成立すると、東方への攻勢をつよめ、周辺のタイ族による諸国家はその支配下に入った。この課程で上座部仏教やビルマ文字を吸収した。

19世紀、列強諸国が東南アジアに勢力圏を設定した際、シップソーンパンナーは「中国の領土」とされたが、その後も内政は従前のまま、歴代の王が清朝、中華民国より土司の称号を受けて名目上中国に属するという状態が継続した。1956年、中国人民政府のもとで行われた社会改造により、従来の国家組織が解体され、王国は滅亡、タイ族の自治州が設定されることとなる。

タイ族(ルー族)、ハニ族、ラフ族、ブーラン族など少数民族が全人口の74%を占め、漢族は少数である。
赤米、なれずし、納豆など漢民族地域にはない日本と共通する食品が今も作られ、米作中心の田園風景なども「日本人の原郷」を感じさせる。このため、日本人観光客にも人気がある。

主な観光スポットは、カンランバ・タイ族村、メコン川、曼聴公園、熱帯花卉園等
发表留言













只对管理员显示
桂林周辺の見所




桂林観光地図
陽朔観光地図
桂林ゴルフ場とゴルフツアー・一覧
桂林周辺の見所




アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
アクセスエリア
free counters
最新引用