桂林観光・桂林旅行専用サイト

桂林江山国際旅行社は中国国際旅行社正会員で、その主な業務内容は海外よりお越しのお客様の桂林観光サービス及び中国国内全域での観光におけるサービスを取り扱っております。

主页 > アーカイブ − 2009-05-

桂林地図と観光の注意事項

下記の写真はクリックすると大きくなる写真をご覧になれます

桂林地図と観光の注意事項


  漓江下り/漓江游

  桂林観光のハイライトは漓江下り。桂林に来て漓江下りをしない人はまずいないだろう。水墨画のような桂林独特の風景を楽しむには漓江を見ないわけにはいかない。



imwirik2.jpg



  申し込みをする

  漓江下りは完全なパッケージツアーとなっているので、自分で切符だけを買って船に乗ることはできない。必ず市内の旅行社かホテルなどの旅行カウンターで、前日までに申し込むようにしよう。
  ツアーの料金は600元ぐらいで、費用にはホテルの送迎日、船代、昼食代、ガイド代などが含まれる。土産物などを買ったりしなければ、財布なしで出かけても問題ない。
  なお、中国人専用のツアーがあり、こちらは90元からあるが、外国人は参加できない。船の装備や昼食の内容は当然外国人用ツアーより劣る。



  出発する
 
  当日はホテルまで車が迎えに来る。ツアーバスは市内の主要ホテルを回って参加者を集まる。マイナーなホテルに宿泊している場合は指定の場合で待っている。集合時間は7時から8時と結構早い。
  参加者をすべて捨ったバスは桂林を南下し、漓江を左手にして竹江の船乗り場まで行く。ここで漓江下りの遊覧船に乗る。約63kmの船旅だ。船の出発時間は9:00と9:30です。



  船旅
  
  船は冷暖房完備の遊覧船。大きな船室にはテープルと長椅子がずらりと並べられており、ツアーガイドに指定された場所に座る。出発する前にお茶が出てくる。上のデッキは展望台になっていて、360度見渡すことができる。ここで思い切り漓江の景色を楽しめる。
  11:30をまわると昼食になる。暖かい作りたての料理が次々に出てくる。かなり本格的な料理で、味もけっこういける。
  上で景色を眺めたり、下に下りてお茶を飲んだりしているうちに、船は終点の陽朔に着く。到着時間は14時くらいです。



  桂林へ戻る

  船を降りたら自由時間が30分間があり、船着場の周辺にはお土産の店が何百軒を連ねているがたいした物は売っていない。陽朔も風光明媚な街だから、土産物よりも周りの景色を見よう。
  帰りは一気に桂林へ戻る。桂林までは約80km、1時間半から2時間。ホテルの前まで送ってくれる。桂林に帰らずに、陽朔に宿泊することもできる。


  漓江下り見所の紹介 http://glgg.blog126.fc2.com/blog-entry-14.html



  注意事項

① 冬は水が減る
  1月、2月は漓江の水が減るので、船が陽朔まで行かずに途中で引き返したり、ツアーが中止[このケースは非常に少ない]になることがある。


② 朝夕を楽しむには
  漓江下りは昼間に訪れるので、写真でよく見る朝霞や夕焼けの景色は見ることができない。じっくり桂林の風景を味わいたい人は桃花源と呼ばれる興坪へ行こう。興坪へは桂林のバスターミナルからたくさんのバスが出ているが、朝夜の便はないので、車をチャーターして行く。陽朔をペースにしても良い。


③ 怪しいチケットは買わない
  以前は街のどこでも漓江下りのチケットを売っていたが、トラブルが多かった。現在では管理が厳しくなり、一定の会社しか漓江下りを主催できないようになっている。
[ 2009/05/31 11:17 ] 桂林情報 | TB(0) | CM(0)
桂林周辺の見所




桂林観光地図
陽朔観光地図
桂林ゴルフ場とゴルフツアー・一覧
桂林周辺の見所




アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
アクセスエリア
free counters
最新引用