ミャオ族 桂林観光・桂林旅行専用サイト

桂林江山国際旅行社は中国国際旅行社正会員で、その主な業務内容は海外よりお越しのお客様の桂林観光サービス及び中国国内全域での観光におけるサービスを取り扱っております。

ミャオ族

苗族


ミャオ族先祖の話しは原始社会時代に中原地区を活躍している蚩尤部落に溯ります。商周時代の時、ミャオ族の先祖たちはもう揚子江の辺りに『三苗国』を築き上げました〔きずきあげる〕。農業を従事します。歴史により、ミャオ族の人々は何度も引っ越しまして、おおよそのコースは黄河流域〔りゅういき〕から湘〔湖南〕まで、黔〔貴州〕まで、滇〔雲南〕まで。長い歳月〔さいげつ〕の中、苗族は海外にも向かい、現在では、ベトナム、タイ、ラオス、ヨーロッパ、アメリカのなどにもミャオ族は生活している。

建築について
ミャオ族の人はほとんど山奥に住んでいます、山が高くて、険しい〔けわしい〕ですので、敷地〔しきち〕を掘るのがなかなかやさしいことではありません、また、陰雨の天気が多くて、とても湿っぽい〔しめっぽい〕ですから、家を建てることもなかなか易しいではありません。それで、ミャオ族の家は山や川の近いところに建てられるのを好まれます。建物の特徴は通風しています。『吊脚楼』と呼ばれています。

食事について
食事は一日に三回目で、主食はお米です、揚げたものが好きです。四川、雲南など地方のミャオ族は犬肉を食べるのを好まれます。

服装について
ミャオ族の少女たちが盛装を着て、集まったら、まるで銀河のように見えます。シルバーの飾りを飾る好みがミャオ族少女の天性だと言えます。少女たちは髷〔まげ〕を頭に結って〔ゆう〕、20センチメートルぐらいの銀の花の冠をかぶっています。

祝日について
ミャオ族の人々は旧暦の四月八日に大切の日と見られています。伝説により、その日はミャオ族の先祖は一族の人を守れるように命をささげました。
[ 2009/05/12 15:25 ] 桂林のことについて | TB(0) | CM(0)
发表留言













只对管理员显示
桂林周辺の見所




桂林観光地図
陽朔観光地図
桂林ゴルフ場とゴルフツアー・一覧
桂林周辺の見所




アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
アクセスエリア
free counters
最新引用