ヤォ族 桂林観光・桂林旅行専用サイト

桂林江山国際旅行社は中国国際旅行社正会員で、その主な業務内容は海外よりお越しのお客様の桂林観光サービス及び中国国内全域での観光におけるサービスを取り扱っております。

ヤォ族

瑶族


ヤォ族の歴史は長く、文化は素朴〔そぼく〕でとても特徴的です。人口は210万人ぐらいがいます、55少数民族の中に12番目です。ヤォ族は唐時代の末、宋時代の初から、ただの一つ共同体になって、その後、しげしげと引っ越していたから、人口が分散して居住します。

歴代の封建的な統治階級に絶え間なく〔たえまなく〕圧迫される政策を逃れるように、ヤォ族の人々は絶えず南のほうに引っ越していきます。結局、山奥に住めるしかできません、ずっと苦しい生活を過ごしていました。

建築について
ヤォ族の家の建築のスタイルは多様(たよう)であるが、中でも最も特色的なものは木楼(
木で作られた家)である。木楼は山や川の近いところに建てられ、前は低く後ろは高い。木楼は普通は3階建てで、1階で家畜を飼い、人は2階に住まいます(すまう)。3階は貯蔵室〔ちょぞうしつ〕で食糧などを置く。木楼には鉄と釘は使われていないが、非常に丈夫である。

食事について
ヤォ族の人はお粥と飯の中に玉蜀黍、粟〔あわ〕、サツマイモ、サトイモ、莢隠元〔サヤインゲン〕など入れるのを好まれます。また、『とろ火で煮込む』や『焼く』などのやり方で料理をよく作られます。『竹筒にて蒸した飯』もヤォ族の人たちが好きである料理です。ヤォ族の人々はお酒が好きで、自家の収穫した米、玉蜀黍、サツマイモなどを材料にして、醸造します。毎日2、3回目を飲みます。多くところのヤォ族の人々は油茶の作りを好みで、自らに飲まれることだけではなく、お客をしますように。

服装について
ヤォ族の人は布を織ったり、刺繍をしたりすることに堪能であるから、服装の様式がいろいろです。ヤォ族は全国に分布していますから、服装が非常な相違があります。一般的なのは、男性の服が緑で青い色を色合いとして、前ボタン式で襟〔えり〕が前で合わさるを主〔おも〕として、長短は同じではないズボンを取り合わせます。頭巾〔ずきん〕をかぶって、ゲートルを巻き、とても素朴なスタイルです。女性は上前〔うわまえ〕の上着を着て、下着がギャザースカートを穿きます。

祝日について
旧暦の10月16日はヤォ族の祝日『盘王節』です、伝説により、この日はヤォ族の先祖『盘王』の誕生日で、また、この時期は豊作〔ほうさく〕の季節ですから、10月16日がヤォ族の人たちに大切な祝日とみられています。祝日に、ヤォ族たちは集まってるところで艶やかで〔あでやかで〕美しいヤォ族特有の服を着て、踊りをします。喜びの雰囲気が夜を日に継ぎます。
[ 2009/05/12 15:19 ] 桂林のことについて | TB(0) | CM(0)
发表留言













只对管理员显示
桂林周辺の見所




桂林観光地図
陽朔観光地図
桂林ゴルフ場とゴルフツアー・一覧
桂林周辺の見所




アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
アクセスエリア
free counters
最新引用