万博暑さ対策 桂林観光・桂林旅行専用サイト

桂林江山国際旅行社は中国国際旅行社正会員で、その主な業務内容は海外よりお越しのお客様の桂林観光サービス及び中国国内全域での観光におけるサービスを取り扱っております。

万博暑さ対策

上海の気候は、どんどん暑くなり、万博園区の人気も、持続的に上昇しています。しかし、炎天下の中、長時間の徒歩や列に並ぶだけで、一部の見学者は、体力を消耗してしまいます。万博の開幕と同時に高温の日は続き、厳しい日差し対策を考慮し、どのように見学すれば快適ですか?

暑さを防ぐ装備が必要

万博主催者の話によると、高温対策のため、会場内の医療体制強化、救急車を常置しましたが、見学者自身も、猛暑に対して十分に準備しておいた方がいいです。一方、身なりは、日光を遮る帽子、日傘などを用意して、服装も温度によって、適度に増減しましょう。もう一方、暑さを防ぐ薬品を用意しておきます。同済病院の先生によると、見学者は、猛暑の中、大丈夫だと思い、道を急ぎ無理してはいけません。これは体力を消耗し、熱射病になりやすいからです。クラクラするなどの現象が現れたら、見学者は、できるだけ早く日陰の涼しい所で休むべきで、極力ジッとしていることです。そして水を飲み、体内の水分を補給します。それでも見学者は、調子が良くないと感じたら、ボランティアに助けを求めることができます。

日陰の涼しい所を選び 厳しい日差しをよける

万博主催者の話によると、園内の温度を下げるため、高架歩道と見学者休憩区の噴霧器を稼動しました。同時に、多くのレジャー広場とパビリオンも、温度を下げるいろいろな措置をとりました。浦西園区の企業館広場センターの日よけテントの下では、地面から上へ噴霧が出て、多くの観光客が足を止めて休憩できます。中国民営企業合同館と万科館など、パビリオンの外の列に並ぶ地区も、時々細い霧が噴き出て、温度を下げています。多くの見学者は、高架歩道の下の日陰の涼しい所を選んで通行して、厳しい日差しをよけています。

気温が高くなるにつれて、園内の冷たい飲み物の販売量は増え、ベルギー—EU館入り口の冷たい飲み物は、一度完売しました。多くの見学者は、冷たい飲み物を買う人々を見ると買いたくなり、販売所が品切れになる原因にもなります。冷たい飲み物の専売店を除き、園内のコンビニ、自動販売機のところでも、飲み物が売られています。このような販売所は、広く分布しています。

巧みにパビリオンを選び 体力を調整

暑さの中、歩くよりも、パビリオンで避暑したほうがいいです。しかし、人気パビリオンの出入り口は、長蛇の列なので、見学者は、比較的、観光客が少ない展示館を選び、休むことをお勧めします。

実際、浦西園区の、沢山の素晴らしいパビリオンは、列に並ぶ必要がなく、館内に見学者が休憩できる、柔らかいイスなどの施設を供えています。暑さに弱い見学者は、長い列の展示館を諦めて、列の短い、もしくは列のない展示館を選んでもいいでしょう。これも一種の避暑の方法です。また、夕方以降に、園区の温度が明らかに下がり、人の流れも少なくなり、夜に見学することも、暑さを防ぎます。

それに、園内には、公園と緑地もあります。浦東園区に後灘公園、万博公園、亩(ムー)中山公園などの大規模な緑地があり、浦西園区にも緑地博覧広場などレジャー地区があります。見学者がパビリオンで列に並んで、押し合いをする時、これらの緑地は、人が少なく、相対に広々としています。噴霧などの措置を通して、緑地の温度は、園区の他の地区に比べて、5℃ぐらい低いです。緑地は「自然のエアコンの部屋」に相当します。見学者が園区の中で歩き疲れた時、緑地で少し休憩し、江風に当たってもいいでしょう。浦西の、いくつかの広場では、お年寄りにも、若者にも楽しめる公演があり、ここで休憩しながら公演を鑑賞するのは、どんなにか満足行くことでしょう。
发表留言













只对管理员显示
桂林周辺の見所




桂林観光地図
陽朔観光地図
桂林ゴルフ場とゴルフツアー・一覧
桂林周辺の見所




アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数
アクセスエリア
free counters
最新引用